上咽頭処置

上咽頭処置(bスポット療法)


のどの風邪、後鼻漏(鼻水がのどの奥に流れていく感じ)、鼻や喉の痛み・違和感、鼻づまりなどの症状の場合に行われる処置の一つです。

俗にbスポット療法と言われ、東京医科歯科大学の故堀口申作先生が提唱された治療法です。

上咽頭の炎症に対して、塩化亜鉛液を塗る事で症状がよくなり、違和感などが改善します。ご希望の方は診察時にお伝えください。

© SUGIUCHI IIN2014